ロゴ
HOME>オススメ情報>歯を失ったら放置禁止!インプラント治療で歯を取り戻そう

歯を失ったら放置禁止!インプラント治療で歯を取り戻そう

歯医者

歯がないことで身体にも影響をもたらす

「8020運動」ということが久しく言われています。これは80歳になっても自分の歯を20本残そう、ということですが、成人の歯は本来32本あるので、これでも12本は失われているということになり入れ歯が必要です。ただ、自分はまだ1本しか失っていないので入れ歯はしなくても大丈夫、と考えているなら大きな間違いです。両隣の歯もあるし食べたり話したりするのに不便はないと感じているかもしれませんが、歯と歯の間に空間ができるとやがて両隣の歯がそこへ倒れてきてしまいます。また、噛み合わせの相手の歯は、対面の歯がないために伸びてきてしまうこともあるのです。そうなると歯並びが乱れ、噛み合わせが悪くなりしっかり噛めなくなって胃腸などにも悪影響を及ぼします。歯を失った場合は放置せず、名古屋駅の歯科医院でインプラント治療を受けましょう。

歯科治療

インプラント治療を受けた方が良い人の特徴

歯を部分的に失ってしまった場合には「部分入れ歯」という治療法があります。保険適用で安価にできますが、金具を引っ掛けて装着するため違和感を覚えたり、外から金具が見えてしまったりすることもあります。またお手入れの際は外して洗浄しますが、毎日のこととなると面倒に感じる人もいるでしょう。さらに噛む力も天然の歯に比べれば弱いものになり、硬いものを食べるのは難しくなってしまいます。食べるのが好きな人、見た目を気にする人、毎日のお手入れが面倒だったり忙しくて難しかったりするという人は名古屋駅の歯科医院でインプラント治療を受けるのがおすすめです。人工の歯根で埋め込み歯を固定するので、ほぼ天然の歯と同様に噛めますし、見た目も美しく仕上がります。お手入れも通常の歯磨きでよいのでとても楽です。